SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
70%健康マガジン
辻野将之監修。肩肘張らない健康メルマガ、更新はお休み中ですが、おもしろバックナンバーが見れます。登録しておくと、たま〜に健康情報が届くかも。
メールアドレス

70%健康マガジン
ENTRY THIS BLOG
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
東京を表す新ドメイン「.tokyo」

スカイパックツアーズ

楽天市場

Amazon

一休.com
紫外線の避けすぎは危険!?
ビタミンDの必要性は知っていても
紫外線(太陽)を避けていませんか。



現代のような飽食の世の中
それも先進国内で太っていても栄養失調はありえます。
三大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)は過剰ないわゆるカロリー過多だが
微量栄養素であるビタミンやミネラルが不足する栄養失調です。

世界人口の30~50%がビタミンD不足という説もあります。
今回はこのビタミンDに注目してみましょう。

ビタミンDは、腸からのカルシウムの吸収を高め血中濃度を高める働きや
腎臓の働きによるカルシウム排泄を抑制したり、骨から血中へカルシウムの放出を高めたりと
カルシウムとの関連性が高い。
また免疫反応への関与も示唆されている身体に不可欠な存在です。

ちなみに、カルシウムは骨や歯の形成はもちろん
筋肉の収縮,神経伝達物質を放出し興奮や緊張の緩和
血液凝固,動脈硬化や高血圧の予防,イライラを鎮めるなど
さまざまな生理作用があります。

このカルシウムを口から摂取すると
体内にあるビタミンDの働きでカルシウムが吸収されます。
つまり、ビタミンDの不足はカルシウム不足が招く様々な病態の一因にもなります。

例えば骨が正常に形成されない乳幼児の骨格異常である
クル病の原因のひとつとしてビタミンDの欠乏があげられます。

とまあ、ビタミンDが私たちに不可欠な栄養素であることはわかりました。

さて、栄養概念が浸透した現代で
なんと世界人口の30〜50%がビタミンD不足だとする
ボストン大学のマイケル・ホリック教授(ボストン大学医学センター医学・生理学・生物物理学部教授)の興味深い説もあります。

では、ビタミンDはどうやって補給しましょう。

ここで、何を食べればいいの?

と考えた人は要注意です。

健康マニアがはまりやす落とし穴にはまってしまいます。
魚の内臓にはビタミンDが豊富なので
小魚を内臓ごとまるごと食べるのは理にかなっています。
しかし・・・・

そもそも、ビタミンDは皮膚の中にあるコレステロールに
紫外線が作用して体内でつくられる一種のホルモンです。

つまり太陽を浴びればいいのです。

ビタミンというと食事から摂る栄養素だと思いがちだが
ビタミンDは食事から得られるより体内でつくられる量のほうが多いといわれています。

皮肉なこと、ビタミンDは体内で作れる栄養素ですが
生活様式の変化や紫外線対策などで現代人は太陽を浴びなくなってしまった。

そのせいで、大昔はあり得なかった
ビタミンDが不足する人が多発するという事態になっています。

以下、《病の起源1 睡眠時無呼吸症/骨と皮膚の病気/腰痛 NHK「病の起源」取材班[編著] NHK出版》
を引用しながら(引用箇所は斜字)すすめます。


上記のホリック教授が行った研究では

日焼け防止指数の高いものを使うと、皮膚でビタミンDを作る能力は
最大
99%も減少するという結果が出ました。
さらに最近の研究では心臓発作や脳卒中で死亡するリスクは、ビタミンD不足と
直接関係があることがわかっている。

「わかっていることは、ビタミンDには免疫系を調整する働きがあるので
儀薪尿病、リウマチ性関節症、多発性硬化症、炎症性腸疾患など
すべての自己免疫疾患は、ビタミンDが不足するとリスクが高くなるのです」


とのことです。
紫外線が強くなってきているので皮膚がん対策だとか
美白のためとか、日焼け止めクリームを塗る人も多いはず。
これは、行き過ぎた紫外線対策への警鐘でしょう。

食養生では太陽は朝日を浴びる「太陽食」を勧めており
食事内容を正すことより優先しています。
(太陽食について詳しくはこちらをご参照ください。)

少なくとも紫外線は絶対悪との誤解は避けたいです。
紫外線は私たちにとって必要な存在ですが
過剰になるとそりゃ負担にもなるだけのことです。
しかも、「太陽=紫外線」ではないです。
太陽の様々な恩恵の中に紫外線という要素もあるだけです。

さらに同書ではこんな衝撃の情報もありました。

 

日本でも今、ビタミンD不足の乳幼児が増えているという。
京都大学の依藤亨講師(小児内分泌代謝病学)は、京都市の産婦人科病院の協力を得て、
2
0065月から一年間、新生児1120人の頭蓋骨を調査した。
そのなかで、骨のやわらかい子が約
2割いることが判明。
4〜5月生まれの割合が高く、11月生まれは少なかった。
ビタミンDは紫外線を浴びることで体内で活性化されるため
出産前
3〜4か月の日照時間の影響と考えられる。
1か月検診時の血液検査では骨のやわらかい子のうち約3割にくる病の兆候があったという。

血液中のビタミンDは母乳だけの子の約
6割が不足し
粉ミルクや混合栄養の子は全員正常だった(「朝日新聞」
200841日より)。

 

日本では日焼けを避ける傾向が強く
妊娠中でも部屋にこもったり
子どもを日光に当てないようにする母親が増えたことが原因のひとつだと考えられます。

母乳は免疫強化などメリットが多いが
母乳の中で唯一足りていないのがビタミンDであるという報告があります

ここに中途半端な健康法の自己処方の危険性があります。
妊娠中に、片や紫外線を避けておきながら
その一方で母乳だけの育児をしたいという人も割といるでしょう。

だからといって母乳が出るのに粉ミルクにするのは
食養生的にもおすすめしません。

粉ミルクを足さずに母乳だけで育てたいなら
妊娠中にいかに太陽のもとを散歩しているか
そして、乳児にも太陽を浴びさせてあげれるかが大切です。

自己流の健康法は食養生の基礎を押させていないと
危険だという一例ですね。


では、毎日どれぐらい太陽を浴びる必要があるのか。

東京都老人総合研究所の鈴木隆雄副所長は
特殊な日光浴をしなくても、毎日手や顔に少しずつ
太陽の光を浴びることが重要だと言う。
「血中のビタミンD濃度を上げるために必要な太陽光は
皮膚の露出が
1平行センチメートルであったら
大体
1時間浴びればいいと言われています。
顔全体を考えますと、それよりもざっと
100倍ぐらいは
露出していますから、ほんの
5分も浴びれば十分です。


季節の差は考慮する必要はあるが
それほど難しくはないはずです。

朝の日の出をいただくついでに
呼吸法や体操、散歩なども組み合わせると
ますますよいでしょう。

本来、健康を得るのにお金はかかりません。
健康に必要なものは大概身近に存在します。

その代表が「太陽」です。

紫外線を誤解されていた方も
これからは賢く紫外線ともお付き合いしていきましょう。



 


 
| 食事指導 | 20:14 | comments(8) | trackbacks(0) |
食養生初心者がはまる落とし穴
お肉はひかえておこうと決心するが
知人宅で焼き肉のおもてなしを受け食べる

今日はスイーツは辞めようと決心した日に限って
素敵なスイーツの手土産をいただき食べる

誰しもこんな経験はあるだろう。
そんな時に大切なのは今を生ることである。

多くの人がはまる落とし穴は
「食べた」という過去の事実に引きずられ
後悔し、「心」の不養生を重ね続けてしまうことである。

あんなに決心していたのに
食べてしまった・・・。罪悪感を感じる・・・。

この後悔している瞬間は食べていないのにである。
不健康な物を食べてしまったという事実より
このその後の「心」の不養生な状態の方が問題である。

食養生にはその影響力を考慮して優先順位がある。
「心」>「食べ物」である。

何を食べるかも大事だが
それ以上に「心」の状態の方があなたの健康を左右する。

不養生な食べ物なら、食べないのが理想だ。
しかし、もし食べるのなら、感謝していただき
その後は「心」穏やかに「今を生きる」ことである。



人がいかに過去をてばなせないかを示した
明治の禅僧、原担山(たんざん 1819-1892)和尚の話がある。

担山和尚と久我環渓和尚が二人で行脚中に
雨で濁水が勢いよく流れる川に行き会った。
若い町家の娘が川を渡りかねて立っている。
担山は娘を抱きあげ川を渡してあげた。
二人の僧は娘と別れて道を急いだ。

しかし僧が娘を抱いたということで
環渓和尚の心はおだやかではなかった。
(出家僧が女性に触れるのは戒律に反するようだ)
たまりかねて
「おい、担山和尚!なんで女を抱いたりしたのだ」

担山はからからと笑って言った。
なんだ、君はまだ女を抱いておったのか。
わしはあの時、全部下ろして来たぞ




 
| 食事指導 | 14:52 | comments(401) | trackbacks(0) |
体内時計と鬱(ウツ)

なにもやる気がでない。
今日は誰とも接したくないなぁ。
など、自分が鬱なのかもと
感じた経験のある人は、わりと多いのでは。

鬱病(ウツビョウ)
原因は多々あるだろうが、今のところ不明とされており
多くの人が長く悩まされる現代病である。
1999年に約44.1万人だったウツ病患者が2008年には約104.1万人と約2.4倍と激増している。
ウツ病の生涯有病率6.7パーセントという研究結果もあるようだ。(※1)

自分が病気だとは認めたくなく
気合が足りないだけだと、病院に行かずにいる潜在的な鬱病患者や
病気と診断されないウツ状態になる人を含めるともっと多い。

2013年度からの医療計画では
がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病の四大疾患に
新たに精神疾患が加わっている。
しかも精神疾患の患者数は323万人。
4大疾患で最も患者数が多かった糖尿病(約237万人)を
大きく上回り、がん(約152万人)の2倍に上る。

そんなウツだが
食養生的には解消が簡単な場合もある。
その方法は「太陽食」である。
(太陽食に興味のある方はコチラ


そもそも電気の発明以降、人間の生活リズムが激変し続けている。
本来寝ている時間にでも明るい室内でTVやPCの光を浴びる不自然さは
確実に人間の生命現象に影響を与える。

これを逆に利用して
光でニワトリの体内カレンダー(※2)を狂わせ
春の繁殖期以外でも卵を産み続けさせることができる。

電気のないころは当たり前だったのだが
現代は意図的に食養生をした方がいい時代になった。

先に結論をいうと、これである。
「毎日、日の出とともに起き太陽を浴び
規則正しい生活のリズムを取り戻すこと」である。


体内時計(※3)の研究で世界をリードしている
日本が誇るシステム生物学の若き天才がいる。
上田泰己東京大学大学院医学系研究科教授である。

上田教授は
真夜中の強い光が体内時計を狂わせるメカニズムの解明や
春の到来を感知して発現するホルモンの特定などの研究で世界を驚かせてきた。

体内時計というと
お腹が「ぐ〜」と鳴る腹時計は有名である。

実はお腹だけではなく
皮膚とか、脳とか、心臓や血管、体のありとあらゆる場所に
「時計細胞(※4)」というものがある。
生き物がいつ起きるか、いつ食べるかという時間をつかさどる細胞である。

余談だが
なぜか一箇所だけ時計細胞が発見できなかったそうだ。

その場所とは
精巣、つまり金玉である。
時間にとらわれない自由な存在ということなのか。


さて、本題に戻ろう。
脳の視交叉上核が時計細胞の親玉として存在しており
体中の時計細胞と通信して、バラバラにならずに同じ時を刻んでいる。

面白いことに
皮膚と胃では働きが全く違うのに
時計の速さは一定である。

また、謎が存在している。
時計細胞だけが物理の法則に従わないというのである。

時計細胞の不思議なのは、温度が変わっても
時計の進み方自体も一定だということである。

例えば細胞の分裂は、温度が10度上がると速さは2倍になる。
でも体内時計はまったく速くならない。

既存の物理学の根底が間違っていたのだろうか
それとも、まだ解明されていない生命の神秘があるとうことなのか。

上田教授は医学部出身ということもあり
体内時計というひとつの切り口から
ウツ病をはじめとした気分の病気に光を当てられたらと思っているそうだ。

通常のウツ病治療としては
「十分な休養」と「薬による治療」の二本柱が主流だろうか。

食養生の視点から、これが問題である。
先ず、「十分な休養」と言われると
多くの人が仕事を休み、睡眠過剰で寝起きのリズムを崩す。

また、「薬による治療」は
セロトニンやドーパミンといった脳内の神経伝達物質に作用する
抗ウツ剤を処方する。

つまりどちらも、対症療法が中心で
根本解決とは程遠い。

体内時計を整えるという観点が希薄なのではないだろうか。

例えば、システム生物学的には真夜中に強い光を浴びると
体内時計が止まることがわかっている。

ウツの人が先ずやるべきは
夜の寝ている時間帯は電気を消し暗くして
日の出とともに目覚め朝日を浴びることである。

また、重要なのは
朝起きるのが辛かろうがなんだろうが
毎日、規則正しく早起きして
生活のリズムを作ることが必須である。
十分な休養として眠りたいのなら
太陽食の観点を加味した上で早く就寝すべきである。

家族などの周囲の人間は
ウツ病という立派な病名がつくと
朝でも、寝かし続けねばと勘違いしてしまう。

これが逆に体内時計を狂わせ
病状を悪化させていることもある。

本来、予防が大切なので
ウツ病などにならないように
日頃から規則正しい生活をしておきたい。

平日は6時起きていても
休日は昼間で寝ているという人は要注意である。

太陽食の基本は毎日規則正しくである。
この「毎日」というのが重要である。
体内時計には休日という概念はない。

認知症は砂糖の摂り過ぎもあるが
(これはまた話が長くなるのでまた別の機会に)
その他精神疾患も、この体内時計を取り戻すことで
解決するものの多いのではないだろうか。


※1:厚生労働省のHP及びwikipediaより引用
 最新では2011年の調査があるが東日本大震災の影響で福島県と宮城県の一部地域が含まれていないため比較しにくい。
 生涯のうちにうつ病にかかる可能性については、川上によれば3〜16%である。
日本では、水野らによれば12ヶ月有病率は3.1パーセント、川上によれば生涯有病率6.7パーセントとされている。
これらの研究結果から、ある時点ではだいたい50人から35人に1人、生涯の間には15人から7人に1人がうつ病にかかると考えられている。

※2体内カレンダー
 生き物が刻むリズムは、一日24時間の「体内時計」のほかに、一年365日の「体内カレンダー」がある。動物が春に繁殖をはじめたり、植物が秋に実をつけるといった年間のスケジュールをつかさどるのが、体内カレンダーだ。
季節の変化は、体内時計と日長(一日の日照時間)の組み合わせで知覚される。日長が以前より長くなると、それを体内時計が感じて春が訪れたことを、日長が以前より短くなると秋が到来したことを知るのだ。 
 ある季節にしか卵を産まないニワトリの先祖は他の多くの鳥と同じく、春先に数個の卵を産み育てていたと考えられる。温めていた卵がなくなると再び卵を産む性質強化選択し、産卵シーズンに卵を産みつづけるように品種改良したのが現在のニワトリである。改良されたニワトリも春の繁殖期にしか産卵しないが、養鶏場では日照時間を調整し、つねに春の状態を維持することで、ほぼ毎日ニワトリに卵を産ませている。

※3:体内時計
 地球はおよそ24時間で一回転する。この動きが生み出すのが、昼夜のリズム。体の中にはこのリズムを手がかりに時を刻む能力が備わっている。体内時計は日光を浴びることでリセットされ、地球とシンクロするのだ。
 睡眠や覚醒以外の生理現象も、この体内時計によって、いつ起こるかがほぼ決まっている。たとえば、血中コレステロール値が最も高くなるのは午後一時頃、血圧や体温が高くなるのは午後4時頃だ。体内時計が正確に働くからこそ、わたしたちの体は健康を保つことができる。体内時計の乱れは、睡眠障害やウツ状態、ホルモンの分泌異常などを引き起こすと考えられている。

※4:時計細胞
体内時計を構成する細胞のこと。動物は脳や肝臓をはじめとして体の各所に時計細胞を持っている。脳の時計細胞を中枢時計、その他の時計細胞を抹消時計と呼ぶこともある。抹消時計にくらべて中枢時計は非常に正確である。

[爆笑問題のニッポンの教養「体内時計」はいま何時?太田光、田中裕二、上田泰己 著 株式会社講談社]より一部引用

| 食事指導 | 12:05 | comments(382) | trackbacks(0) |
真弓定夫先生
6月1日、吉祥寺にある真弓小児科医院を訪れた。

息子の6ヶ月検診を真弓定夫先生にお願いするためである。

真弓先生(80才)は薬を出さない医者で有名で
自然育児をしているお母さん方の強い味方です。


そこで離乳食の指導をしていただく。

最初にされた質問は

「お母さんは今朝何を食べましたか?」

私は隣でドキッとした
なぜなら今朝は季節外れの夏野菜を食べたからだ。

※その日の朝食。おかずは芋と南京は数食分盛っています。


妻は玄米ご飯に、味噌汁に・・・と答え始めると

「それなら大丈夫」と真弓先生

最近は「パン」や「パスタ」などカタカナの食物を
食べている人が多いのでそれを嘆いておられうようでした。

もし、我が家の今朝がパンだったら
説教が始まっていたことでしょう。

ほっ。



「保健所は早く勧めるが、離乳食はゆっくりとはじめなさい」
「おかずとご飯の二本立てで、おかずは一品ずつ・・・」
「フォローアップミルクを売りたい人たちにだまされないように」
などなど様々な名言を交えながら丁寧に指導してくれました。

あまりにもお話の内容が素晴らしいので
より多くの人々に聞かせたいと思い
本日、再度訪問してビデオに記録してきました。

近々その画像をWEB上に紹介したいと思います。
(誰か手伝ってくれんかな・・・)

真弓先生にはご多用の中、撮影も公開もご快諾いただきました。
多謝!








| 食事指導 | 22:52 | comments(16) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |