SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
70%健康マガジン
辻野将之監修。肩肘張らない健康メルマガ、更新はお休み中ですが、おもしろバックナンバーが見れます。登録しておくと、たま〜に健康情報が届くかも。
メールアドレス

70%健康マガジン
ENTRY THIS BLOG
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
東京を表す新ドメイン「.tokyo」

スカイパックツアーズ

楽天市場

Amazon

一休.com
<< そこで薬? | main | 奇蹟の日本国憲法第9条 >>
野草を食べる。
野草料理教室と野草を食べる会に参加してきた。

野菜ではなく野草である。
いわゆる、その辺に勝手に生えている草。
そんな野山の草にも食べれば美味しいものがたくさんある。

昨日は、一歳児の次男もちょいとお味見。
時期的に大きくなりすぎた甘草、そのままかじっても
甘味がありおいしい。アクも少ないのでおひたしでいただけます。
野甘草(ユリ科、風邪、熱さまし、不眠、イライラ、利尿、便秘)

最初は野草見学ツアーからスタート

最初は野草見学会からスタート
5/6は参加人数も多く
先生は1人のはずだが、野草に詳しい参加者が多数いて
あちこちで野草教室が勃発!

「何でも生で食べれば、自分の適量がわかる
必要以上にアクを抜いたり、火を通したり、味付けしたり
食べやすくするから、限界がわからず食べ過ぎるんだ」
と、おっしゃるワイルドな方もいた。
納得。


食べられる野草でも
食べごろを逃すと、アクや苦味が強くなったり食べづらくなる。
野草の旬は数日のものもあり、どんどん入れ替わる。
つまり野草を知るということは
旬を知り、季節感をより感じることができる。

例えば、たんぽぽは食べられるが
蕾ができたり花が咲いたりすると苦味が強くなり食べづらくなる。

土筆も胞子を飛ばす前がよい。
あの緑色の胞子に命がつまっている。
そこをいただきたい。

本来なら、旬が短い野草だと
その日に食べられるものは限られているのだが
5/6の松本市中山「喜源治」での野草を食べる会は
様々な野草を冷凍しておいてくれたので
一度に多くの種類を食べる体験ができた。



天ぷら担当はタラの芽などの山菜と
葛の芽やスイバなどなどを大量30人分揚げています。
途中からついでに歌声もあがってきました。
ありがとうございます!


あえもの担当は、先生の指示通り甘く味付けをしたいまぜ係と
添加物たっぷりのめんつゆや白砂糖をあまり使いたくない調味料入れ係との
静かなバトルもあり、盛り上がっていました。
がんばって~!

そしておにぎり担当に
持参したうみたま(自然海塩なのでしっとり)を皿に盛ってだしたのですが
「もっとサラサラのはないの」と却下されました。
これで酵素玄米おむすびをつくったら最高やのになあ。。。



囲炉裏を囲むには多すぎる人数で
野草満載、更には野生のきのこ汁まで
主催の小松さん、先生、そして参加者の皆様ありがとうございます!
貴重な体験が出来ました。



4/22に行ったシャロムの野草料理教室は
かなりレベルが高く本当にその時、そこにある季節を
堪能し楽しむことがでる内容だった。
特に講師のタミ先生の料理は素材を生かす料理方法で
食材や調味料にまでこだわりがあり
美味しく、安心安全なお食事でした。

シャロムの自然農の畑にて、収穫実習。景色も最高!
ハコベ(ナデシコ科、胃腸、腫れ物、歯痛)は
上の方だけを摘み取ります。
自宅のハコベを下の方から全部収穫したら
さすがに筋張っていてい食べにくかった。

荒れ地にはイネ科の植物が最初にでてきて
次にツクシやスギナが肥えた土壌を肥やし
最終、土壌が肥えてハコベが生えるそうです。



会場がシャロムのレストランなので
酵素玄米に窯焼きのパンまでついて
知識欲の食欲も満たされ大満足。
ありがとうございました!

どちらの会も楽しかったが
野草を生活に取り入れたい私には
タミ先生の教室に通い学びたいと感じた。

そもそも野草は強いから
食べ過ぎない方がいいらしい。

アク抜きも必要だが
アク抜きをすると薬効成分も8割ほど減少する。
美味しく食べるだけならアク抜きと味付けを
しっかりすれば良いのだが、いい塩梅を習得したい。

忘れないように、学んだ野草を
メモしておこう。

ギシギシ(タデ科、便秘や動脈硬化によい。)
葉が開く前のとんがっている部分を取って食べる。


ハルジオン(キク科)
ここまで大きくなり花が咲くとわかりやすいが食べづらい?
5センチぐらいの小さいころは食べやすく
春菊みたいです。


オオバコ(オオバコ科、消炎、利尿、止瀉作用など)
香りがマッシュルームに似ている。もいで生でかじると
昔、友人宅でよく出てきた生マッシュルームのサラダを思い出した。


スイバ(タデ科、便秘、利尿、かゆみ)
葉っぱや茎をかじると酸っぱくておいしい。
サラダにレモンをしぼる代わりに刻んでいれたら美味しかった。


ヨモギ(キク科、冷え性、胸焼け、止血、胆汁分泌、糖尿)
よもぎ餅はおいしいが、包丁で刻むのはちと大変です。
我々鍼灸師は、もぐさとしてお世話になっています。



手前、カラスノエンドウ?(マメ科、胃炎)
葉の閉じてる先数センチをつんで食べる。

奥、スギナ(トクサ科、糖尿、肝炎、胆石、できもの、咳、たん)
乾燥させお茶にして飲むとカルシウム豊富でよい。
タミ先生はチヂミに入れて焼くとおいしいとのこと。
チヂミ
ちなみに、ツクシ(トクサ科、糖尿、肝炎、胆石、湿疹、腎炎、ガン)は知っていても
つながっているスギナは知らない人がわりといた。


カキドウシ(シソ科、糖尿、黄疸、結石、乳腺炎)
熱湯を注げば、ハーブティにして飲める。


健康のため野菜にもこだわろうとた場合
農薬や化学肥料を使っている野菜より
無農薬・無化学肥料の野菜を選びたい。

ただ、有機野菜にもいろいろある。
例えば抗生物質漬けの鶏の鶏糞も有機肥料になる。

有機肥料すら使わない、自然栽培や自然農など
より自然に近いものは尚良いなどなど
栽培方法にもいろいろあり、何がいいのか見極めるのが難しい。

また、種も重要である。
自然な在来種や固有種なら素晴らしいが
F1種が蔓延しや遺伝子組み換えなどが出てきているので
選ぶ技術を更に要する時代になっている。

いくらこだわったところで
そもそも野の草を食べやすく品種改良したのが野菜である。

美味しさはさておき、より健康を重視するなら
理想の野菜を追求していくと野草になるのではないだろうか。
野草こそが本来の命がぎゅっとつまっているお宝に感じる。

とまあ、そんなことを考えながらも
野草を楽しんでいきたい。

普通の人には雑草だらけの田の畦も
今は野菜畑に見えてくる。

自然の恵み命に感謝。
合掌!

 
| 食材調達 | 22:56 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
我?做翻?我?翻?的最好?然?人?我?是?子但我?不是?子我?做翻?我?翻?的最好
| http://www.fane.cn/ | 2015/11/28 12:43 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenko.soragroup.jp/trackback/1270213
トラックバック