SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
70%健康マガジン
辻野将之監修。肩肘張らない健康メルマガ、更新はお休み中ですが、おもしろバックナンバーが見れます。登録しておくと、たま〜に健康情報が届くかも。
メールアドレス

70%健康マガジン
ENTRY THIS BLOG
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
東京を表す新ドメイン「.tokyo」

スカイパックツアーズ

楽天市場

Amazon

一休.com
<< 味噌は財産! | main | 食育推進委員 >>
アレルギー医療革命

「アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!」NHKスペシャル取材班 (著) 2016/3/25文藝春秋

大反響の「NHKスペシャル」を書籍化!

以下≪≫は文藝春秋の作品紹介

≪大反響の「NHKスペシャル」を書籍化!

 

これまでアレルギーの”常識”とされてきた数々の情報。
「一度発症した花粉症は治らない」
「アレルギーになりたくないなら、アレルゲンをとにかく排除する」
「アレルギー予防のために、離乳食はゆっくり進める」
「卵などのアレルギー食品は赤ちゃんに食べさせないのがベター」
「妊娠中、授乳中の母親の食事が子どもをアレルギーにする」……。

これらはすべて、間違いでした!

20世紀後半から、先進国で爆発的に増加したアレルギー。
日本では国民の4人に1人が花粉症を、
赤ちゃんの10人に1人が食物アレルギーを発症しています。

アレルギーパンデミックとも言われるこの状況を打開する手はないのだろうか?
最新研究に迫ろうと始動した取材班が直面したのは、
医療の常識が根底から覆ろうとしている衝撃の事実でした。

カギを握る存在として注目されるのが、日本人研究者が発見した
新たな免疫細胞「Tレグ」です。
この細胞の働きが分かったことで、アレルギー発症メカニズムの解明が進み、
完治を目指す根治療法の研究が世界中で始まっています。

世界中の最新研究を丹念に取材し、アレルギーの予防と完治に向けた実践的な情報が詰まった一冊です。≫

 

 

他者や異物を攻撃する免疫システム

その暴走がアレルギーだとされている。

 

これまではアレルゲンを避ける対症療法が主で

暴走する免疫の機能抑制を研究してきた。

免疫の抑制は外敵から守るシステム自体を低下させ

アレルギーは落ち着いたが、他の病に侵されるリスクが生じる。

 

これまで、難航していた

現代医学的なアレルギー治療の分野に

新たな免疫細胞「Tレグ」の発見が

一石を投じ、新たな展開を見せたようだ。

 

どうやら免疫には

攻撃を抑制するシステムも備わっていて

それが正常に働いているかどうかが

アレルギー発症に大きく関与しているという説だ。

 

この新たな視点が、アレルギーの治療に大きな光を差し込んだのである。

 

そもそも東洋医学的なアプローチだと

気のめぐりを中心に見ていくのでこれらの科学的な新発見は特に影響しない。

 

しかし、私自身

既存の科学的な視点でのアレルギー予防の常識が

刷り込まれていたことを、この本を読んでいて気が付いた。

 

冒頭の作品紹介にあった

「アレルギーになりたくないなら、アレルゲンをとにかく排除する」
「アレルギー予防のために、離乳食はゆっくり進める」
「卵などのアレルギー食品は赤ちゃんに食べさせないのがベター」
「妊娠中、授乳中の母親の食事が子どもをアレルギーにする」

 

これらは古い考えが基になって信じられてきた

ある種の迷信みたいなものであると、この本では紹介されている。

 

アメリカ小児学会の指針では

2000年には根拠となる研究や調査はほぼ存在しないにもかかわらず

「妊娠中、授乳中の母はアレルギー食品を避けること」

「乳製品を与えるのは1才以降、卵は2歳、ナッツや魚は3歳以降」

としていた。

 

ところが2008年には

「妊娠中、授乳中、離乳食でアレルギー食品を避けても

アレルギー予防に効果があるという科学的根拠はない」

と変更されているのである。

 

指針では「食べることが有益な可能性」には触れていないが

そんな研究データも出てきたようである。

 

事例として、妊娠中に徹底してアレルギー食品を我慢して

生まれてくるわが子がアレルギーにならないようにする母親も取材している。

 

しかし、皮肉なことに

真逆の「妊娠中に母親が食べた方が発症率が低い」という

データもあり、その結果として2008年の指針が変更された。

 

日本でも当然その影響を受け

食品アレルギーの可能性の高い食品に接するのは

遅い方がいいという考えが浸透している。

 

我が家も、お蕎麦は離乳食が始まってもしばらくは

意識的に遅らせた方がいいという情報を鵜呑みにし

気をつけようとしていた。

実際はわりと早めに食べてしまっていたが・・・。

結果おーらい?

 

本の中では、もう一つ興味深い説が紹介されており

アレルギーになるかを決定するのに

アレルゲンが皮膚から入るのが先か腸からが先かが重要と言っている。

 

≪≫内引用

 

≪「アレルゲンが腸から入るか、皮膚から入るか、それはアレルギーになるか、ならないかを決定づけるレースのようなものです。先にその異物を腸から吸収できれば、攻撃を止めるTレグが作られ、体は異物を受け入れる。でももしその異物が皮膚から先に入ってしまえば、私たちの免疫は異物を攻撃対象として記憶する。

そして、アレルギーになってしまう。つまり、腸からいち早く入るようにする。それこそがアレルギーの予防を可能にする大きなカギだと考えられます。」≫

 

興味深い内容の本であることと

視聴者を飽きさせないテレビ番組が元になっている本なので

読み進めるのを楽しめる展開でおもしろかった。

 

腸が未完成な赤ちゃんのころに

どんどん異物を送り込むのは

アレルギーとは別の意味でリスクがありそうなので

これらの説を鵜呑みにするのも気をつけたい。

 

特に牛乳など動物性たんぱく質は別のリスクがある。

 

なので早期の離乳は、やはりおすすめできませんが

母乳以外は極端にゼロにするというのも

ある意不自然なのかもしれませんね。

 

 

同書の中でも紹介されていましたが

家畜とともに幼少期を過ごすとアレルギーになりにくいというデータがある。

異物である雑菌の中で成長することで

適切な免疫を獲得するからだといわれている。

 

これは、アレルギーが現代的にいう清潔な環境というものが

生み出した現代病といわれるゆえんである。

 

どうしても、現代人は

赤ちゃんが何か口に入れたら「ばっちよ」と止めたり

先回りして、身の回りを抗菌グッツばかりにして

殺菌消毒にやっきになり

免疫を獲得する場面をどんどん奪っているのでしょう。

 

一つ言えるのは

ほっとくと、赤ちゃんはいろいろ勝手に口にいれる。

これを極端に避けることはアレルギー的にはマイナスになる。

食べ物も、不潔といわれるものも。

 

衛生観念は大切ですが

行き過ぎた潔癖は自然との隔離であり

逆に不自然な環境を形成してしまいその代償として

アレルギーが生まれてきたとも言える。

 

現代が生み出した新たな病気であるアレルギーは

過去の常識があてはまなない。

そのメカニズムの解明も予防法や治療法も

これからどんどん変革をしていくのでしょう。

 

今回紹介した説も含め

最新だからと鵜呑みにすると、情報に振り回され

努力のわりに結果がついてこないという悲劇を生む。

 

昔ながらの生活や、自然と調和した暮らしというものを

もう一度見つめなおす機会ととらえて

本質を見抜く力を身に着けていけるようにしたいものである。

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

| 本の感想 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenko.soragroup.jp/trackback/1270226
トラックバック