SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
70%健康マガジン
辻野将之監修。肩肘張らない健康メルマガ、更新はお休み中ですが、おもしろバックナンバーが見れます。登録しておくと、たま〜に健康情報が届くかも。
メールアドレス

70%健康マガジン
ENTRY THIS BLOG
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
東京を表す新ドメイン「.tokyo」

スカイパックツアーズ

楽天市場

Amazon

一休.com
パラ農のススメ
10年ほど前、北は青森の恐山から沖縄までテントや鍋を担いでまわっていたことがある。
目的は、全国のこだわり生産者に会って話を聞き、直接現場を見て勉強するためだった。

軍資金は車を売った20万円
ご当地の美味いものを食べ歩きたいので
交通費と宿泊費をかけずほぼ全額食費にまわした。

宮城県の有機農家の家に泊まり込み
畑で採れたて野菜をごちそうになったり
酒蔵で数年寝かした日本酒を味見させてもらたりした。

特に青森、秋田、山形は歩きだったので
道端のワラビを生で食べてみたり、木熟の木の実を食べたり
山では山菜を食べながら歩いたりした。

この時に、あらためて気付かされたのは
本当に力があって美味しい食べ物と
一般流通に乗っている食べ物とは別モノなんだということだった。

果物は木の上で樹熟した方が、青い時に採って追熟したものより
旨い。

野菜も収穫して何日もかかって食卓に上がるものよりもぎたてが
旨い。

いくら旨くても、量の揃わないものや、足が速いものは
流通にはのせずらい。


つまり、田舎の生産者が一番美味いものを食べることができる。
ということである。

みんなで農家になって
安心安全な採れたて新鮮野菜を食べよう!

一歳児もナスを見つけると生でかじります。


かと言って、みんなが農家になれるのかというと難しい。

農家になりたくても、脱サラで農家になるのは
やはり、いろいろと難しい。

そこで私がやっているのは「パラ農」
こだわりの農家にパラサイト(寄生)して農家体験を楽しむといった
なんちゃって農家になるというものです。

農家の大変な部分は農家の方にしていただき
私は田植え体験や収穫など、いいとこ取りで楽しむ。
ただ、多少は農家の役にたつようにお手伝いをしているつもり。。。


昨日は朝の2時間弱ほどマルチ張りのお手伝い。
これを張って数週間後には、マルチの下にこもった熱で
雑草のタネが死滅して、剥がしたあと人参の種をまくと
人参以外の雑草は生えてこないらしい。

お手伝いしたむすび農園は有機農法をしているため
除草剤は使わない。人参は初期の雑草取りが重要らしい。
先日は別の畑で人参畑の雑草取り作業をしたが
そうとう面倒やった。
それがなくなるとは夢のような農法やな。
この後の様子が連続ドラマの次回が気になるように
とても楽しみなのである。

大した働きはしていないが
やさしい農家の阪本さんはおみやげをたくさんくれた。
多謝!!パラ農バンザイ!!

有機の桃、ももで無農薬は超レアです。
貴重なものを分けていただきました。
さすが有機農家のネットワーク。


私の大好物のナス!その他バジルや葉竹などなど
本当にありがとうございます!


本当は、農家の方が全部抱えている
リスクやコストを分担すべきなのでしょうが
現状は野菜を購入しているだけです。
行くたびに買っている以上にもらってしまっているかも。

近い将来、社会構造の変革が起き
生産者と消費者の関係も変わるでしょう。
現状は巨大な流通という仕組みに分断されているが
小さい単位の流通を介さない直接のつながりが大切になってくる。

パラ農は今の仕事を続けながらでも
東京などの大都市に住みながらでも可能です。

最大のメリットは美味しいものあ食べられる。
そして土に触れるのは本当に気持ちいい。

ぜひ、多くの人に体験してもらいたい。
みんな知り合いに農家がいたらやってみてください。

いなければ私と一緒に行きましょう!
この度、私が所属する日本食事療法士協会で
9月1・2日に「農家体験ツアー」を企画しました。

これは私がやっている「パラ農」に
一緒に来てみませんかというものです。
せっかくなので、いくつかワークショップも組み込んで
盛りだくさんにしています。

詳細は↓
http://shokuyo.jp/ryohoshi/seminar/

| 食事療法士活動 | 10:40 | comments(5) | trackbacks(0) |
ヨギーのための食養生・特別編
 長野県の山奥で、一泊の「ヨガ×食養生」リトリートをしてきました。

東京のスタジオ・ヨギーというヨガスタジオの中で
ヨガと食養生コラボ講座をしてきており
その特別編としてリトリート長野に行って来ました。
(今年で2回目です)

事後報告の前に、この「辻野式」で事前に告知すべきだたのですが
「辻野式」の更新がほとんどできておらず、すみません。
あと言い訳ですが、すぐに定員に達しキャンセル待ちだったようなので・・・。


私の担当は食事と食養生講義
それに食養生のワークショップです。

いちおう宿泊施設で食事をいただくことも可能ですが
食養生に適した食事を体感してもらいたいとの理由から
私が材料の仕入れから、メニュー開発
そして当日の食事作りまでやるということにしております。

実際の料理のほとんどは
食養生コーディネーターの大沢さんにしていただきました。
アシスタントやのに私より大活躍の大沢さん
本当にありがとうございます。

本来だとメニューを考案してから
素材を仕入れるのでしょうが、ここでは無謀にも逆です。

その時に知り合いの農家から分けていただけた無農薬野菜や
当日の朝に野菜の直売所等で仕入れた野菜をとりあえず持って行ます。

そして2時のチェックイン後
さて、これで夕食は何にしようかと始まります。
今回も珍しいものが手に入りました。


山ぶどうと行者にんにくは天ぷらに
そしてあかざ(雑草?)は味噌ごまあえにしました。
試作なしの一発勝負なので
私の料理はいつも一期一会です。

私の料理の最大のこだわりは調味料です。
最高の本物の調味料を使っていれば
料理人の腕以上のものできます。

夕食は「ハレ」の料理を意識して油を多用しましたが
いい油だと胃もたれもせず翌日の目覚めもよいです。

煮ただけ(味付けなし)のくらかけ豆が一番旨かったという人もいましたが・・・。
やっぱり自然農法の素材はすごいですね。調味料いらず!

今回の最大のトラブルは
調理場のガスコンロの正常に使えないことでした。
ガスの出る穴たちが詰まったりしているせいか
6口もあるのに、まともなのは1箇所だけ
あと2個はなんとか使えるかな、という状態。

事前にわかっていれば何品か家で仕込んできたのですが・・・。
まあ、なんとかなりました。

荒れ狂う火で玄米をい土鍋炊きしたのですが
ばっちり美味しく炊けました。(ほっ)

17合の玄米も22人でほとんど食べきりました。

あと、現地には食器も無ければ調理器具もなにもないので
大量の食器をレンタルし、鍋などの調理器具は我が家のモノたちを動員しました。

野菜の使ったあとの帰りでさえ
車のトランクから後部座席まで満載です。


まあ、とにかく楽しかった。
またやりたいですね。ただ次回はちゃんとコンロが使えて
調理器具や食器がそろっているところでやりたいなぁ〜。


今回のスタッフ
右手前が大人気ヨガ先生のみさとさん
みさと先生とのコラボも3年目?になり
講座もリトリートもとてもやりやすくて楽しいです。
皆さんありがとうございます。



| 食事療法士活動 | 06:34 | comments(15) | trackbacks(0) |
南の島の食養生
今はとある南の島に来ています。


それはそれは美しい島です。
島民は300数十人。

小中学生全員で22名だそうです。
今年の新一年生は2名。



赤瓦に珊瑚の道。
こんな島で食養生ができれば
それは最高でしょう。
| 食事療法士活動 | 12:21 | comments(12) | trackbacks(0) |
近況
「やせる言葉」という本に
食事療法士の辻野として寄稿させてもらっています。
2頁にわたり載っています。



と、まあ私の
告知はこれくらいにしておいて。


息子がらみの近況報告。


今日は大町市の爺ヶ岳スキー場に
ソリーに行ってきました。

最近はすごいソリーがあるんですね。
ハンドルとブレーキが付いてるやつ。

ノーマルのソリーは持参してたが
さっそく借りました。2時間1,000円。


うちの旭希も可愛いギャルを後ろにのせ得意げです。

ソリー大会を企画してくれた佐藤夫妻ありがとう!
旅のしおりまで作っていただき、5家族ほど参加しました。
(しおりがめっちゃ面白い。笑いまくりました。)

またいきましょう!

車で3・40分でスキー場があるとは
なんていいところに住んでいるのでしょうか。

幸せです。

また、先日
四賀村の「むすびや」にて
美味しいランチ(マクロビ?)をいただきました。
旨い!

そこで招き猫がぬれ縁に住んでおり
旭希がそのクロネコを見つけ大喜び。

待て待てっ!


えっ!

捕まえた!


おとなしいクロネコちゃんは
怒ることもなく、その後も旭希をペロペロしていました。

しばらく後に私の手もなめてきましたが
んっ!!臭い!
肛門を舐めまわした舌でなめた?

ま、そんなことより
息子の成長が嬉しいです。

| 食事療法士活動 | 20:47 | comments(7) | trackbacks(0) |
食養生ジュニアコーディネーター養成講座
 昨日、東京の食養生ジュニアコーディネーター養成講座にて
講義をしてきました。

今月は先日の大阪開催に続き二回目の講義!

まだ今年からはじまったばかりの講座なので
来られる方は感度の高い方が多く
毎度、受講者の方々との出会いがなかなか刺激的です。

今回も個性的な方々が集まり
講座後の懇親会も盛り上がり楽しい一日でした。

東洋医学を基本とした食と健康のお勉強をする場なので
意外と医療関係者やセラピストが多く来ます。

今回も、あん摩マッサージ指圧師や柔道整復師といった
医療の国家資格保有者が受講されておりました。
また加圧トレーニングの指導者や調理師といった
ユニークな顔ぶれで、逆に講義をしてもらいたいぐらいです。
(もちろん普通の主婦も来ます。)

懇親会で知ったのですが、なんと
現役内科医のお医者さんも受講されていました。

医師の知識に食養生の指導が加わったら
患者からは喜ばれるだろうなぁ〜。
そして日本の医療も変わるのでは、と夢がふくらみます。


この日は偶然にも
8年前に一緒に中国(内モンゴル他)旅行をした仲間3人が
東京に集合していました。

私は長野県安曇野、
一人は宮城県鳴子で、もう一人は上海在住です。

講義後「東京にいる?」とのメールが来ており
後の二人もたまたま連絡をとったら、来ていたらしい。

めっちゃ懐かしいメンバーで
楽しい一日の締めができました。

たまの東京は楽しいなぁ。




| 食事療法士活動 | 18:15 | comments(24) | trackbacks(0) |
今更ですがムック本にでてます。
 最近、コンビニに出ているムック本で見たよ。と何人かに言わました。

この本↓にでてます。

「痩せる食べ方」



サブタイトルが
 選んで、噛んで、燃やして、デトックス!しっ かり食べる賢い痩せ方 」となっており
この中の
「噛む」担当として食事療法士辻野が登場しています。


先月に発売していた本なので
今更ですが、「辻野式」に書いてみました。

昨夜も咀嚼(そしゃく)ワークショップを開催しており

最近は咀嚼とダイエットの専門家みたいになっています。
つい早食いにならぬよう気をつけねば。


| 食事療法士活動 | 16:51 | comments(26) | trackbacks(0) |
ヨギーのための食養生
 今年もやります!
食養生とヨガのコラボ

去年のヨガフェスタ2010からはじまり
スタジオ・ヨギーさんとは食養生とヨガの融合に取り組んでいます。
昨年は五臓をテーマに
「肝」「心」「脾」「肺」「腎」五回のクラスを開催しました。
(一泊のヨガ三昧&食養生体験のリトリートにも行きました)

ヨガをしている人たちの関心が高いためか
昨年のクラスは毎回キャンセル待ち状態でした。


実際の大盛況の理由の大多数はスタジオ・ヨギーの力と
ヨガ担当のミサト先生の魅力のお蔭です!


余談ですが
唯一定員割れしたのが3月21日の回です。
福島原発事故後初の北風&降雨の日です。

前日までキャンセル待ちの状況が
当日には天気予報のせいかバタバタと半数近くがキャンセルとなりました。

今から思うと来なかった人は、自己の健康管理の観点からは正解です。
その後、爆発後メルトダウン、メルトスルーしていた事実が判明し
3月12日と21日には都心部にも放射能が降り注いでいたことも分かって来ました。

この回は特別に「放射能対策のための食養生」の話も多く盛り込みました。

そんなこんなで
大盛況だったこともあり今年もやることになりました。

先日のヨガフェスタ2011では看板にも辻野が登場し
メインステージにてミサト先生と「ヨギーのための食養生」を紹介してきました。
動画でみれます。
メインステージ9月23日

※24日にも同じ内容のステージがありましたので
さがせば24日の動画もあるはずです。

客観的に自分をみると恥ずかしいですね。
「落ち着きがないなぁ」と感じた。

時間配分を確認していただけなんですが
手に持っていている資料をチラチラ見過ぎのため
カンペを手放せない子のようになっている。。。
気をつけよう。



そして今年のテーマは「五志」です。
そして第一回が10月16日にスタジオ・ヨギー中目黒であります
詳細はスタジオ・ヨギーHPを!

| 食事療法士活動 | 22:56 | comments(21) | trackbacks(0) |
鳴子温泉
 今、鳴子からの帰りの新幹線の中です。
この三連休を宮城県ですごしました。

10月8日仙台市の泉区の朝日(師匠の自宅より)

7日は師匠の菅野医学博士とマンツーマンでの
食養生の勉強会(約9時間)
8日は師匠の治療&講義を受けるなど
とても贅沢で、めちゃくちゃ勉強になる有意義な時間をすごしました。


8日午後からは仙台市内で「社団法人 宮城県鍼灸マッサージ師会」主催の
セミナーにて講演をしてきました。

「東洋医学と食事療法」「東洋医学を活用したビジネス展開の可能性」
の2講座も開催し、ほとんどが業界の先輩方という状況でした。

その後、交流会ということで
鳴子温泉へ移動し大沼旅館(東鳴子温泉)にて食事!
なんと玄米菜食の素晴らしい御膳をいただきました。

大沼屋には7つもの温泉があり
市川海老蔵似で7代目の社長が
ハスキーボイスで案内してくれた。
お世話になりました。ありがとうございます!

鳴子といえばこけし?


鳴子温泉の朝焼け


硫黄臭の湯気を吹きあげる道を通り抜けて朝散歩へ
(3時間睡眠での強行だったため参加者はわずかでした。)


今日は、午後から「食養生とボディーワーク」と題した
地域住人向けのワークショップ開催され、食養生のお話をしてきた。
鳴子温泉の体操のお兄さんとして有名な
鳴子さとうマッサージ院長の佐藤要先生とのコラボワークショップで
とても楽しい時間を過ごすことができた。

今回の交流会参加はとても有意義で
気仙沼で仮設住宅暮らしを余儀なくされている
大先生方も参加しており、本家・操体法教室や
膝の変形を治す驚異的な名人技の披露などもしていただけ
めちゃくちゃ勉強になりました。

私を講師として招待していただいた
宮城県鍼灸マッサージ師協会の皆様
また、今回の幹事の佐藤要先生!
本当にありがとうございました!
多謝!

| 食事療法士活動 | 20:18 | comments(18) | trackbacks(0) |
ヨガフェスタ2011
 本日、9月23日

続きを読む >>
| 食事療法士活動 | 07:41 | comments(22) | trackbacks(0) |
8月6・7日のワークショップ

食養生の需要が高まってきていいる。

最近、そう強く感じます。

 

今回の東日本大震災や福島の原発事故を機に

これまでの生活を考えさせられた人が多いのではないでしょうか。

 

これまで、ただただ受動的に食事をしいる人がほとんどでした。

自分でお店を選んでいるつもりでも、実は事前に見たTVの影響を

受けていたりします。


すると、肉食や添加物も個々には大した負担でなくても

複合的に体に大きな負担になっていることがあります。

体の負担も当たり前になりすぎて麻痺しているだけのことが多いです。

 

人って慣れてくると気づかなくなるんですよね。

肩こりも、わりと初期の人の方が辛さを訴えます。

ホントひどい状態の人はほぐしてもらってはじめて

自分が肩こりだったことに気付く

そんな感じです。

 

そして、気づいていなかっただけだ

ということに気づいた人が出てきています。

 

講師をしている「食養生コーディネーター」を受講する人も

食の問題に気づいて改善をはじめた人が多いです。

 

今後も日本食事療法士協会の一員として多くの人に

「食養生」を伝えていきます。

 

その活動の一環として、来週末の8月6・7日に

癒しフェアに「日本食事療法士協会」として出展します。

 

また、辻野としても二種類の「ワークショップ」を開催しますので

是非ご参加ください。

 

 

◎無料講演

8/6(土)12:0013:00 サバイバル養生食について

 

◎有料ワークショップ(2,000円)

8/7(日)11:3013:00 100回噛むワークショップ

実際におにぎりを食べながら正し玄米の食べ方を練習します。

 

※詳細は癒しフェアHP

 

前回も出展しており、その際は

「ねかせ玄米弁当」を販売しておりました。


今年は別ブース(「結わえる」)ですが去年同様

おいしい「ねかせ玄米弁当」が食べられます!

この「ねかせ玄米」はめっちゃおいしいです!

去年は大人気で、ずっと行列ができており昼過ぎには売り切れていました。

 

「日本食事療法士協会」のブースでは協会の紹介メンイですが、「うみたま」の紹介や玄米Tシャツの販売もしています。


両日とも午前中は辻野もいル予定です。

遊びに来てください。

Tシャツも欲しい方は値切りに来てください!

| 食事療法士活動 | 12:20 | comments(24) | trackbacks(0) |
<< | 2/4PAGES | >>